マンガ

『伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる』のネタバレ

『伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる』を無料で読む方法と、ネタバレを紹介します。

『伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる』を無料で読む方法

『伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる』は無料で読めます!漫画バンクや海外違法サイトのPDFにはウイルス感染リスクがあります。

高いお金を出して購入したスマホやパソコンは、ウイルスによって故障します。

大切なデータを消去されてしまう可能性もあります。最近はランサムウェアなんてのも流行ってますね。

なので、ちゃんとしたサイトの、ちゃんとした特典を利用しましょう。

ここでは日本の大手の漫画サイトのお得な特典をまとめました。

いくつもあると迷ってしまう!という方には、

U-NEXT

がおすすめです。

U-NEXTは30日の無料期間があります。無料期間中に解約すればお金はかかりません。

その間に、漫画や雑誌、映画やドラマが見放題になります。ここだけの話、アダルトな動画も見放題になります。

無料登録するだけで600円分のポイントがもらえて、それで漫画が買えてしまうという、大変お得なサービスなので、ぜひ使ってみてください。

サイト 特典
Kindle Unlimited 漫画・雑誌読み放題!Amazonアカウントで30日間無料体験できる
コミック.jp 1200円分の無料ポイントで漫画が読める!30日間の無料体験がある。
U-NEXT 600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題!30日間の無料体験がある。
ebookJapan 50%分のPayPayポイントがもらえるので半額で漫画が買える!PayPayポイントはコンビニでも使える!
コミックシーモア 読み放題プランがある!プランの漫画は1万冊以上!
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

全部の特典を使い切って、一番お得に漫画を読み切ってやる!という人のために、どういう順番で漫画サイトを使っていくのが良いかをまとめてみました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用して無料分の漫画を読みまくる!
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分で漫画を買う!
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む!AVも見放題です!
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読み続ける

このような順番でサイトを活用するのが、最もコスパの良い方法です。

どれか一つでいい!という人は、U-NEXT を使いましょう。

その他のおすすめの記事→広告でよく見る漫画『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』を読んだ感想と無料で読む方法

『伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる』のネタバレまとめ

『伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる』の全巻のあらすじです。

伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる 1巻のネタバレ

スキニア帝国の支配下に置かれた元アリータ公国は、帝国の教育システムに従って18歳の春になると決められた相手と強制的につがいになって子供をもうけなければなりません。
そして、伯爵令嬢のティアナは犬猿の仲のエリート騎士のアデルとつがいになることが決まって………!?
伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられるの作品情報
犬猿の仲の2人がつがいに!
君主制国家・スキニア帝国の支配下に置かれたアリータ公国。
元アリータ公国の貴族だった息令嬢たちはスキニア帝国の教育システムに組み込まれ、6歳になると「大帝国学院」に入学し、18歳の春に行われる「成人の儀」では、帝国の上層部が決めた相手と強制的につがいになり子供をもうけることに…。
そして、成人の儀当日の夜。
伯爵令嬢のティアナは犬猿の仲であるエリート騎士のアデルとつがいになることが決定!
ティアナは卒業後に帝国大学の医学部への進学が決まっており、エリート騎士のアデルは近隣都市の騎士団に所属して実践経験を積んでいくようです。
アデルに服を脱げと言われ、ドキドキしながらドレスを脱いでベッドへ向かうティアナ…。
キスから始めようとしたアデルがここまですることはないと考えて停止すると、ティアナもキスは好きな相手がいい!
ティアナは全く経験がないことを打ち明けますが、アデルはそこそこ経験済みだと余裕の表情です。
帝国内で夜の商売は認められており成人の儀前の若者が出入りしている噂もありましたが、アデルが出入りしていたことがわかり軽蔑するティアナ。
アデルは成人の儀の一発勝負に失敗しないための練習だと説明します。

イライラしているティアナは、ずっとコルネリア様が好きだったくせに夜のお店に行くなんて!
つがいになれることを期待してたんじゃないの!?

伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる 2巻のネタバレ

つがい制度によって初夜を迎えることになったアデルとティアナ。
成人の儀を始める中でティアナの想いが明らかに…!
そして、アデルへの恋心を封印する決意をしてしまうのでした。
「つがい制度」によってえらばれたティアナ・クラインとアデル・ベルガー。
顔を合わせればいつも喧嘩が絶えない2人でしたが、ベッドでの行為の中、ティアナはアデルのことが好きだったことが分かります。
成人の儀が終わる時、ティアナはアデルへの恋心を封印する決意をするのですが…。
それぞれの成人の儀と複雑に絡み合う気持ち
アデルとの成人の儀を終えたティアナ。
その後の診察で妊娠には至らなかった事を医師から伝えられました。
分け隔てなく誰にでも優しいコルネリアに、ティアナはずっと憧れを抱いていました。
2人が犬猿の仲だと知る同級生たちはティアナを心配していました。
ティアナは強がって最悪だったと伝えますが、本当はアデルがずっと好きだったのです。
アデルにはティアナはコルネリアとつがいになったユリウスのことが好きなのだと勘違いされています。
そして、アデルはコルネリアの事が昔から好きだとティアナは思い込んでいました。
コルネリアに思いを寄せるアデルに、本当の気持ちを伝えないと心に決めていたのでした。
ユリウスとコルネリアはつがい制度によって、仲睦まじい様子を見せている。

伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる 3巻のネタバレ

授業で使った本を図書室に返しに行く道すがらティアナはアデルを見つけます。
男子同士で話しているアデルをティアナはこっそり盗み見ます。
クールで目つきも鋭くあまり笑わないアデルは女子からは美形だけど怖いと言われています。
ですが、ティアナは男同士で話している時に見せる屈託ないアデルの笑顔がとても可愛いと思っています。
アデルに見つからないように、そっと、物陰に隠れながらどうして自分の髪はコルネリア様の様にさらさらではなくくせっ毛なのだろうとティアナは落ち込みます。
ユリウスにアデルを待っているなら呼んでこようかと言われ、慌てたティアナは本のバランスを崩して落としそうになります。
その落ちそうになった本をフワリと受け止めたユリウスは、図書室に本を返しに行くのを手伝うといってティアナが持っている本をすべて持ちます。
ユリウスは学院長の所に行っていた帰りでした。
コルネリアが卒業前に夜会を開きたいと言っていて、それを生徒会の次の学年への引き継ぎイベントとして申請しに行っていたのでした。
それを聞いたユリウスは言います。
ユリウス「最近時々思うんだ。
『ユリウス様』じゃなかったら…
コルネリアは先日取り寄せた薔薇色のドレスをお召しになると続けます。
アデルはティアナにどんな服を着るか尋ね、ユリウスは薔薇よりも金蓮花が好きだから琥珀色とかが良いんじゃないかと続けます。
それを聞いたティアナは心の中で琥珀色が似合うってアデルに言われたと受け取って良いのかなと喜びます。

伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる 4巻のネタバレ

ティアナ・クライン元アリータ公国の伯爵令嬢。
帝国のシステムでアデルがティアナのつがいとなる。
アデルはコルネリアが好きだと勘違いしています。
アデル・ベルガー元アリータ公国の子爵家長男。
帝国のシステムでティアナとつがいになる。
ティアナの事が好きだが素直になれない。
ティアナがユリウスの事を好きだと思っている。
コルネリア・アリータ元アリータ公国の公女。
美しく皆に優しい女性帝国のシステムでユリウスとつがいになる。
ユリウス・ハーンアリータ公爵家に仕えた騎士団隊長の息子。
帝国のシステムでコルネリアとつがいになる。
ディルク帝国幹部の子息。
帝国軍の上層部の子息3人に囲まれるコルネリアを助けにティアナは駆けつけます。
そして、ティアナはコルネリアに逃げるように促します。
ティアナ「コルネリア様誰か呼んできてください!

伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる 5巻のネタバレ

意地悪な同級生・ディルクに押し倒されてしまったティアナ!
しかしティアナは自分を傷つけてもアデルが動じることなんてないと毅然な態度を見せます。
見ればそこにいたのは目の据わったアデルです。
ディルクは私的な決闘は懲罰ものだぞ!
しかしアデルはまるで虫けらを見るような目つきで、決闘は対等な者同士がすること…
俺は自分のつがいにちょっかいをかけていたハエを振り払っただけだと言い放ちます。
アデルはティアナの手を引き、その場を去っていきました。
少し離れたところまできて、アデルは唐突にティアナの体に傷がついても俺が動じないってどういうことだよと言い出しました。
どうやらアデルは少し怒っているようです。
ティアナはディルクのようなやせっぽっちに何かされても平気だと言ってのけ、それくらいアデルもわかるでしょうとおどけてみせます。
アデルはティアナの手からお菓子の袋を奪うと、おもむろに中に入っていた焼き菓子を食べ始めてしまいます。
必死に止めようとするティアナ。
ティアナは最近会えなくて避けられているのかなと気にしていた、余計に疲れさせてしまって申し訳なかったと言葉を残してその場を去ろうとします。
するとアデルは突然ティアナの手を引いて強引にキスを施してきて…!?
彼はもっと甘い物が食べたくなったと言って、ティアナを自室へと連れ込みます…。

伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる 6巻のネタバレ

アデルの一言でまたティアナは深く傷つきます。
伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる

ティアナ・クライン元アリータ公国の伯爵令嬢。
アデルとは幼い時から喧嘩ばかりだがアデルの事が好き。
帝国のシステムでアデルがティアナのつがいとなる。
アデルはコルネリアが好きだと勘違いしています。
アデル・ベルガー元アリータ公国の子爵家長男。
帝国のシステムでティアナとつがいになる。
ティアナの事が好きだが素直になれない。
ティアナがユリウスの事を好きだと思っている。
コルネリア・アリータ元アリータ公国の公女。
美しく皆に優しい女性帝国のシステムでユリウスとつがいになる。
ユリウス・ハーンアリータ公爵家に仕えた騎士団隊長の息子。
帝国のシステムでコルネリアとつがいになる。

伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる 7巻のネタバレ

ティアナ・クライン元アリータ公国の伯爵令嬢。
帝国のシステムでアデルがティアナのつがいとなる。
アデルはコルネリアが好きだと勘違いしています。
アデル・ベルガー元アリータ公国の子爵家長男。
帝国のシステムでティアナとつがいになる。
ティアナの事が好きだが素直になれない。
ティアナがユリウスの事を好きだと思っている。
コルネリア・アリータ元アリータ公国の公女。
美しく皆に優しい女性帝国のシステムでユリウスとつがいになる。
ユリウス・ハーンアリータ公爵家に仕えた騎士団隊長の息子。
帝国のシステムでコルネリアとつがいになる。
ディルク帝国幹部の子息。
しかし、ティアナはユリウスの手を取ります。
ティアナ(これくらいの意地を張っていないと崩れ落ちてしまいそう)
お祭りではコルネリアが笑顔ではしゃぎます。
祭りから離れた人気のない森の中ー、アデルは突如ティアナにキスをします。

伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる 8巻のネタバレ

前回、お話のラストがティアナが血まみれになっていた予告で、めちゃくちゃ不安だったのですが…
今回のお話ではまだ、幸せそうに過ごしています。
もう、めちゃくちゃ不安な展開ですし、ティアナの告白が、無事、アデルに伝われば良いのですが…!
さて、今回のお話はまず、ティアナが琥珀色のドレスを着ているシーンからです。
アデルから「琥珀色が似合うだろう」なんて告げられて、今回その色のドレスを選んだティアナなんですが、めちゃくちゃオシャレしていて、本当に可愛いドレス姿でした!
何より、ティアナの家のばあやも母親も、ティアナがおしゃれするのを手伝ってあげていて…。
公国が変わらず平和だった頃なら、幸せに過ごせたはずのティアナですが、公国が崩壊し帝国に飲み込まれた今、つがいという制度や、帝国の貴族との確執に悩んでいました。
そうして、今回の見どころでもあるそんなドレス姿をアデルにお披露目するシーンですが、どこか恥ずかしがっているティアナに対して、照れながらも褒めるアデル。
そんな風に仲の良い2人ですが、実はティアナの方は、まだ少し勘違いしています。
アデルはコルネリアのことが好きなんだと思っているティアナ。
そんな中で少しだけでも、私を好きでいてほしいなんて思っているんですよね!!
その後、ティアナは思い出を作ろうとアデルとダンスを踊ることにします。
そこでは噛んでしまいながらも、アデルをダンスに誘うティアナ。
そうしてアデルが、「はい、喜んで。
姫」なんて言って、手を差し伸べてくれる感じも最高でした!

伯爵令嬢は犬猿の仲のエリート騎士と強制的につがいにさせられる 9巻のネタバレ

さてまずは、帝国派のディルクがパーティの裏門からやってきたシーンです。
ティアナは悲鳴を聞いて裏門に向かうのですが、今、アデルやユリウスは正門に来ている帝国派の人間の鎮静に向かっています。
そうして、側にいたイリーナと呼ばれる女性をからかっていたディルク。
それから、ディルクには嫌味を言われたり、公国のことを馬鹿にされるティアナ。
って思えたのは公国の悪口や馬鹿にされるような台詞を言われっぱなしにしているのではなく、その場でディルクの股間めがけて、膝げりをするんですよね!!
もちろん、今後のことを考えると、これ以上ディルクを刺激してティアナが危険な目にあったら…
と心配には思えるのですが、正直このシーンは読んでいてスカッとしたシーンでもあります!!
その後、このシーンではディルクが公国の人間に対してどう思っているかのシーンが明かされましたが、帝国派の貴族として生きているディルクにとっては、戦争で負け、属国となった公国の人間がとことん気に食わないみたいですね。
以前も、公国側の人間であるアデルやユリウスに、剣術の成績で負けていることが明かされましたが、そんな風にして、格下のはずの公国側の人間を気に食わなく感じているディルク。
実は、そんなディルクですがとある秘密を抱えていたのです!!!
ティアナとユリウス、アデルとコルネリアと、本来はそう予定されていたというつがい相手。
それを、父親が高い地位にいるディルクは、アデルとティアナ、ユリウスとコルネリアのペアに、つがいをいじったのだといいます。
もうここは読んでいて、めちゃくちゃヤバい!!
そんな感じで、今後の関係が崩れてしまいそうなディルクのそんな告発。
ここに関しても、今後、ディルクがどうしてこんなことをしたのかと、訳が明かされてくると良いなぁと思えたシーンです!!!



「転職してお金を稼ぎたい。でも転職には不安がある...」という人のために、知人と「エンジニア転職のリアル」というブログを立ち上げました。

エンジニア転職のリアル

読者の年収を上げることにコミットしたブログです。
お金を稼ぎたい方はぜひ読んでみてほしいです。