マンガ

『ここからはオトナの時間です。』のネタバレと無料で読む方法

『ここからはオトナの時間です。』を無料で読む方法

『ここからはオトナの時間です。』は無料で読めます!漫画バンクや海外違法サイトのPDFにはウイルス感染リスクがあります。

高いお金を出して購入したスマホやパソコンは、ウイルスによって故障します。

大切なデータを消去されてしまう可能性もあります。最近はランサムウェアなんてのも流行ってますね。

なので、ちゃんとしたサイトの、ちゃんとした特典を利用しましょう。

ここでは日本の大手の漫画サイトのお得な特典をまとめました。

いくつもあると迷ってしまう!という方には、

ebookJapan

がおすすめです。

日本最大のIT企業・ヤフージャパンが運営している電子書籍サイトです。

PayPayが使えて、全部の漫画が「半額」で買えます。

アプリも使いやすく、本当にどんな漫画サイトよりもおすすめです。

サイト特典
ebookJapan50%分のPayPayポイントがもらえるので半額で漫画が買える!PayPayポイントはコンビニでも使える!
Kindle Unlimited漫画・雑誌読み放題!Amazonアカウントで30日間無料体験できる
コミック.jp1200円分の無料ポイントで漫画が読める!30日間の無料体験がある。
U-NEXT600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題!30日間の無料体験がある。
コミックシーモア読み放題プランがある!プランの漫画は1万冊以上!
まんが王国毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

全部の特典を使い切って、一番お得に漫画を読み切ってやる!という人のために、どういう順番で漫画サイトを使っていくのが良いかをまとめてみました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用して無料分の漫画を読みまくる!
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分で漫画を買う!
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む!AVも見放題です!
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読み続ける

このような順番でサイトを活用するのが、最もコスパの良い方法です。

どれか一つでいい!という人は、U-NEXT を使いましょう。

その他のおすすめの記事→広告でよく見る漫画『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』を読んだ感想と無料で読む方法

『ここからはオトナの時間です。』のあらすじ

『ここからはオトナの時間です』のあらすじを紹介します。

ここからはオトナの時間です。 1巻のネタバレ

つきのおまめ先生の作品です!
始まりっ
都内のオフィスで働く佐々木みかん。
今年で3年目ですが、会社ではキツめの先輩に怒られて…
今日も残って書類の作り直しになってしまいます。
みかんが密かに想いを寄せる阿久津部長が♡
ドキマギしながら阿久津と話すみかんは夢心地です╰
実はみかんは強い霊感の持ち主。
子供の頃は霊に意地悪されて困っていました。
みかんは寂しそうな表情を浮かべます…
やっと仕事が終わり、家に帰ると母や兄達から電話がきます
誕生日のお祝いの言葉を貰って嬉しくなります♬
母は妙に『みかんがお酒を飲んでいないか』を気にしていました。
不思議に思うみかんです(・・?)
電話を切った後、みかんは買い出しに行き、公園でご飯とお菓子、そしてお酒でプチ誕生日パーティーをします
ですが、これが始まりだったのです…!!
その頃、病院から処方された薬を提げて歩く阿久津部長は公園で聞き覚えのある声を聞きます。
みかんは酒が入るとこうなるのです…
(本人、知らなかったけどww)
阿久津を見つけると、みかんは屈託のない笑顔で子供のように笑って駆け寄ります
でも通りすがりの酔っ払い男子にぶつかってしまい、絡まれて嫌がった末に突き飛ばされ怪我…。
阿久津はみかんを抱き寄せ、酔っ払いの男を睨みつけ謝らせます!
みかんはそのまま阿久津に抱きついて寝てしまい、阿久津は仕方なく自宅に連れて行くことに。
血と泥で汚れた服を脱がせ自分のシャツを着せ、怪我の手当てをしてあげます(๑˃̵ᴗ˂̵)♡
シャワーを浴びた後、ベッドで幸せそうに寝るみかんに布団を掛け直し立ち上がると、みかんは阿久津の腕を取り引っ張って…

ここからはオトナの時間です。 2巻のネタバレ

みかんの失態と亜久津の…。
みかんは、自分のした事に驚いてしまいました。
そして亜久津は、みかんにあるお願いをしましたが…。
亜久津は、無理やりみかんを引き離そうとしました。
しかしみかんを見た亜久津は、飛び起きます。
力尽きた亜久津は、みかんに声を掛けますが起きてくれませんでした。
亜久津は、仕方なくこのままの姿勢で寝る事にしました。
みかんを見ている亜久津は、そのまま目を閉じて…。
一人、パニックになっているみかん。
そんな時、亜久津も目を覚ましました。
亜久津が目を覚ました事で、みかんはますますパニックになってしまいます。
そして亜久津が声を掛けて手を伸ばしましたが、それは遅く…。
亜久津に注意を受ける、みかん。
亜久津は亜久津で、悪い事だけではありませんでした。
給湯室に置いてあるみかんを見た亜久津は、それを手に取ると…。

ここからはオトナの時間です。 3巻のネタバレ

俺と寝てほしい」誕生日の翌朝、憧れの上司からの衝撃のお願い。
豹変した彼にイキナリ押し倒された!?
――霊が視える体質のOL・佐々木みかんは、片想い中の上司・亜久津部長に大量の悪霊が取り憑いていることがかなり気がかり。
しかも最近は何か邪悪な気配を感じていて…。
心配に思っていたその夜、残業後に公園で誕生日パーティと称してひとり酒盛りしていると、偶然通りがかった部長にお持ち帰りされて…
目を覚ますと昨夜の記憶はなく、目の前にはドアップのイケメン部長が!!
人が変わったかのような部長に押し倒されるみかん!
亜久津部長に頼まれ一緒に寝ることになったみかん。
しかし眠ったと思った亜久津部長が突然起き上がりみかんをベッドに押し倒して馬乗りに…
驚くみかんに亜久津部長は「俺が好きなの?
と感じ抵抗をし誰なのか?
どう見ても俺じゃんという亜久津部長だが「中身」が違うと、みかんは訴えます。
「わかるんだ…」と呟く亜久津部長の中身の男。
霊感体質で霊から影響を受けやすいみかんがお守りとして普段からしていたペンダントがないことに気が付きます。
みかんは必死で抵抗をして男の意識の下で眠っているであろう亜久津部長を起こそうと声を掛けますが男は起きる気配ないから無駄だと言いながら、みかんのブラのホックを外してしまいます。

ここからはオトナの時間です。 4巻のネタバレ

「俺と寝てほしい」誕生日の翌朝、憧れの上司からの衝撃のお願い。
――霊が視える体質のOL・佐々木みかんは、片想い中の上司・亜久津部長に大量の悪霊が取り憑いていることがかなり気がかり。
心配に思っていたその夜、残業後に公園で誕生日パーティと称してひとり酒盛りしていると、偶然通りがかった部長にお持ち帰りされて…
目を覚ますと昨夜の記憶はなく、目の前にはドアップのイケメン部長が!!
みかんは動揺をしつつも、あれは告白になってないはずと思い込もうと頭を抱えていました。
大好きな亜久津部長には悪い霊から解放されて安心して過ごしてほしいという気持ちもあるものの、もしまた一緒に過ごせたらいいなとも思うみかん。
そのためには亜久津部長に憑いている霊を何とかしなければなりません。
どうにかしなきゃと気合を入れるみかんは亜久津部長のことを気にするも、日に日に顔色も悪くなっているし見るからに体調も悪そうな感じになっていく亜久津部長。
だが、なかなか話しかけるチャンスが見つからずに日は過ぎていきます。
それに話しかけるチャンスがあったとしても一緒に寝ませんか?
なんて彼女でもない自分が言えることでもないと亜久津部長からもらったお菓子を見ながら、みかんは考えます。
亜久津部長と食べた食事を思い出しながら自宅で1人で食事をしていても美味しくないな~と、みかんは寂しく感じるのでした。
なんとか仕事も終え帰り支度をしようとしているところに同じく仕事をしていたらしい亜久津部長が入ってきて、まだ残っていたのかと声をかけられます。
亜久津部長も今は繁忙期で今まで仕事をしていた様子。
だから仕方がないと言う亜久津部長だが顔には疲れがにじみ出ています。

ここからはオトナの時間です。 5巻のネタバレ

みかんが目覚めると、そこは真っ暗な不思議な空間…。
映し出されているのは全裸で阿久津を誘惑する自分の姿です…。
みかんは自分が悪霊に身体を乗っ取られてしまったことに気付きます。
悪霊はみかんの身体を使って阿久津を誘いますが、阿久津はいつもと様子の違うみかんに戸惑っている様子。
困惑しつつもいい加減にしないと怒るよとみかんを窘めています。
すると悪霊は自分の中でみかんの意識が目覚めたことに気がつきます。
阿久津は驚きを隠せません。
気合で身体を取り返し、阿久津の後ろにいる悪霊にむかってありったけの威嚇の言葉を履き散らします!
悪霊は姿を消しましたが…
残されたのは阿久津と彼に全裸で馬乗りになっていみかんです…。
みかんが恥ずかしさで死にそうになっていると、阿久津は自分が来ていた服をみかんに着せてあげました。
そしてやっと全てを打ち明けることにしたみかん。
阿久津はみかんの話を信じ、不眠症の原因についても納得した様子でした。
みかんはこの御守りさえあれば大丈夫です!
と言うのですが、阿久津はみかんのためにも御守りを彼女へ返してしまいます。

ここからはオトナの時間です。 6巻のネタバレ

部長に霊のことを説明したあと、元の距離感に戻ってしまった2人。
酔っ払ったみかんは無事に帰ることが出来るのでしょうか!

ふらついたみかんの身体を受け止める部長。
放っておけない部長は、みかんを家まで送ります。
すると、酔いが覚め我に返ったみかんは必死で部長に謝ります。
みかんは、部長が少し不機嫌なことに気づきます。
そのまま部長が帰ってしまうと思ったみかんは、部長を引き留め何かしてしまったのかと尋ねます。
部長は、みかんが酔っている時に男性陣が好き勝手言っていて、隙だらけなみかんを見て不機嫌だったと言います。
みかんは顔を赤くし、それがやきもちだったら嬉しいと伝えます。
すると、突然部長がみかんにキスをします。
身体を離した部長は、顔を赤くするみかんを見て動揺します。
みかんが今日は一緒にいられるのかと聞くと、部長は今日は帰ると言います。
「俺今、何するか分からないし」
部長のその言葉を聞いて、みかんはまた1人赤面し、その夜はキスのことを一人考えながら眠るのでした。
先輩が助け舟を出してくれますが、昨日部長とどうなったかを聞かれると、みかんは顔を赤らめてしまいます。
何かあったと察した先輩は、「佐々木ならもしかしたら阿久津を・・・」と考えます。

ここからはオトナの時間です。 7巻のネタバレ

「俺と寝てほしい」誕生日の翌朝、憧れの上司からの衝撃のお願い。
――霊が視える体質のOL・佐々木みかんは、片想い中の上司・亜久津部長に大量の悪霊が取り憑いていることがかなり気がかり。
心配に思っていたその夜、残業後に公園で誕生日パーティと称してひとり酒盛りしていると、偶然通りがかった部長にお持ち帰りされて…
目を覚ますと昨夜の記憶はなく、目の前にはドアップのイケメン部長が!!
不器用な男女が、心の距離を夜毎縮めていくベッド・タイム・ラブストーリー。
2人で夜を一緒に過ごすことに…
仕事帰りみかんは亜久津部長にバレンタインチョコを買い、亜久津部長は心療内科から帰るところでしたが2人はばったり遭遇。
心療内科から出てきた亜久津部長にみかんは、また霊のせいで眠れていないのだろうと思い今夜は自分の家に行きましょうと誘います。
視たところ今は亜久津部長の周りに霊はいない様子なので、お守りを持っているみかんと一緒にいた方が安心だからとみかんは言うのです。
前回みかんにキスをした亜久津部長はそんなみかんに「何を言っているのかわかっているのか…」と考えますが、そんなことを気にする様子のないみかんに連れられてみかんの家に行くことになります。
そのうちお風呂が沸いたので亜久津部長に先にお風呂を勧め、お言葉に甘えて…
と言った感じで亜久津部長はお風呂に入ります。
その時にみかんから男物のパジャマを手渡され少し微妙な表情を浮かべる亜久津部長ですが、それがみかんの兄のものだとわかりホッとなったことに動揺します。
ふと、亜久津部長はお風呂に浮かんでいる入浴剤が目に入ります。
お風呂から上がった亜久津部長はあの入浴剤は手作り?

ここからはオトナの時間です。 8巻のネタバレ

帰り道、ばったり遭遇したみかんと部長は、一緒に過ごすことになります。
みかんは勢いでチョコレートを渡そうとしますが、受け取れないと言われてしまのでした。
『ここからはオトナの時間です。

あの後、どうやって部長が帰ったのか覚えていません。
ぼーっとしていて、いつの間にか仕事に行かなければならない時間です。
お守りは、ちぎれて床に散らばってしまうのでした。
頭が重く、顔色が悪いみかんを先輩は心配します。
みかんは、部長と同期の西先輩に、チョコレートを受け取ってもらえなかった事を話します。
すると、西先輩はみかんを元気つけるため、美味しいものを食べに行こうと言います。
約束はしたものの、体はどんどんしんどくなります。
廊下で部長と鉢合わせると、部長は顔色が悪いみかんに心配だから帰るように言います。
みかんは、気持ちを受け入れてくれないのにそんなことを言うなんてずるいと思いながらも、西先輩に謝り早退することにするのでした。
部長がみかんの家のチャイムを鳴らしたときには、みかんは何故か酔っ払っていました。
酔っ払ったみかんは、訪ねてきた部長を家の中に引っ張り、ベッドにダイブします。
部長がみかんの食べていたチョコレートを見ると、それはウィスキーボンボンでした。

ここからはオトナの時間です。 9巻のネタバレ

阿久津の奥さんが亡くなっていた事を知ったみかん。
傷付いている阿久津の代わりにみかんは涙を流します。
どうしたら阿久津の傷は癒せる?
考えたみかんは阿久津を抱きしめるが・・・?
みかんがそう言うと、阿久津は顔を赤らめて
何を言ってるか分かってる?
とみかんが答えると、そんなに自分は理性的じゃないよ?
キスだけでとろけてしまうみかんに
本当に大丈夫?
と阿久津が聞いてきましたが、みかんは「はい・・・」と答えました。
自分で言い出したことなのに頭がおかしくなりそうで、
服を脱がされそうになってみかんは自然に震えてしまいました。
そんなみかんを阿久津は優しく抱きしめてやっぱり止めておこうかと言いました。
みかんは、阿久津に渡そうと思って用意してたチョコレートだけど、
それは食べかけなのでまた今度改めて渡しますと止めました。
しかし、阿久津はそのままチョコレートを口に運んでしまい「美味いよ」と
笑いかけ、そのまままたみかんにキスをしました。
あの時は受取ってあげられなくて傷つけてごめんねと阿久津が謝ると、
みかんは奥さんを大切に想う阿久津を好きになったんだからいいんですと笑顔で答えました。
阿久津はそんなみかんを見て、強いし優しいねと言い
本当にその真っすぐな所に自分は救われたんだと思いました。
ーーーそれからインナーの上から阿久津はみかんの胸を口で吸ったりして愛撫すると、
次はめくって直接触りました。

ここからはオトナの時間です。 10巻のネタバレ

阿久津に憑りついた悪霊。
みかんは悪霊にベッドに押し倒されて
必死に抵抗するが・・・?!
と大きな声を出しますが、悪霊は自分は悪霊じゃないと
返します。
少し冷静になったみかんは言われてみたら、この霊と一緒に居る時は
他の霊みたいに具合が悪くならないな・・・と思いました。
生きてる時の記憶がないから悪霊じゃないっていうのは多分だけどなとその霊が言うので、
悪霊というものは怨念とかそういう感情みたいなものが伝わってくるから
この霊が言ってる事は本当なんだろうと思いました。
記憶が戻ったら成仏はできるかもしれないけどなと霊が言うので、
可哀想だなと同情したみかんは、霊の記憶を探してあげる約束をしました。
と言うと、悪戯は今度も好きにさせてもらうけど
御守りの代わりならしてやるから本当に探せよ!
と言って霊は阿久津の身体から離れました。
ーーー会社に出勤したみかんは心配してくれていた女性の先輩に、
昨日阿久津とどんな感じだったかを話すことになりました。
すると
先輩は阿久津の奥さんの事は内容が内容だし、簡単に話せるような事じゃなかったから
今まで伝えられなくてゴメンと謝られてしまいました。
そんなみかんが可愛くて思わず阿久津はおでこにキスをしました。
みかんがビックリしていると、本当は口にもしたいけど仕事中だからねと言われ、
ドキドキが止まりません。
その後、家まで送ってもらいこのまま離れたくないな・・・と思っていると、
明日一緒にいたいんだけど空いてる?
と言われ、なんの予定もないですと答えました。
去り際キスをされそうになっていると、「みかん」と呼ぶ声が聞こえ
振り向くとそこには・・・?!

ここからはオトナの時間です。 11巻のネタバレ

柑太郎はみかんの質問には答えずに、横にいる男は誰だと尋ねます。
みかんは亜久津に弟の柑太郎を紹介します。
柑太郎は亜久津がみかんの彼氏であることと、さっきキスをしようとしていたことを言い、みかんが顔を赤て驚いていると、どうせそいつもあいつらと同じだろ。
柑太郎の言葉にみかんが固まると、柑太郎は自分の言葉を反省し、亜久津のことではなく後ろにいる悪霊のことだと弁解します。
亜久津は何も言わずに様子見をしていると、柑太郎はみかんを気遣うように大丈夫なのか尋ねます。
と説明しながら、亜久津の顔色を伺うと、亜久津は寂しそうな表情を浮かべていました。
みかんは咄嗟に亜久津に声をかけようとしますが、柑太郎がそれを遮り、寒いから家にいれるようみかんに頼みます。
みかんは亜久津の腕を掴み何かを言おうとしますが、言葉が出てきません。
亜久津はそんなみかんの手を掴み、明日ちゃんと話しを聞かせてくれるよう言い、帰宅して行きます。
みかんの家で柑太郎が座ってくつろいでいます。
と柑太郎に尋ねると、柑太郎は進路のことで母親と喧嘩をしたと言います。
柑太郎は部屋についてきてる悪霊を指差し、なんでこんなのが憑いているのかみかんに尋ねます。
みかんは一通りこれまでの話しを説明すると、柑太郎はなんでそんな危ないことをするんだとみかんを責めます。
悪霊の姿が見えている柑太郎にみかんがどんな姿なのかを尋ねます。
柑太郎は、チャラそうで年齢はみかんと同じくらい、とにかく手が早そうで、友達にはなりたくないと言います。

ここからはオトナの時間です。 12巻のネタバレ

亜久津の部屋に遊びに来ていたみかん
亜久津の部屋に遊びにきているみかん。
寝る時間になり一緒のベッドで寝ることが恥ずかしくなったみかんはなかなかベッドに入ることができません。
そんなみかんを見て、亜久津は優しくこっちにおいでとみかんを誘い、そのままみかんをベッドへ連れ込みます。
亜久津の行動にみかんは顔を真っ赤にさせて動揺してしまいます。
阿久津は柑太郎も霊感が見えるなら柑太郎もしんどいんじゃないのとみかんに尋ねます。
みかんも同じことを思い、柑太郎が中学生の時に質問してみると、人間でも霊でも迷惑行為をする奴の相手はしないと言っていたことを亜久津に話します。
話しの流れからお守りを一緒に直しに行くと亜久津が言ったことを思い出したみかんは、亜久津に本当に一緒に行くのか尋ねます。
思わず謝るみかんに俺もドキドキしてるよと亜久津が言うと、みかんは亜久津の胸に手を当てて本当に亜久津もドキドキしてることを知ります。
みかんは動揺して答えられないでいると、亜久津が謝りそのまま二人は寝ることにするのでした。
みかんの中の悪霊と亜久津が会話をして
みかんの寝顔を眺めていた阿久津は、みかんの頭を撫でるとみかんが目を覚まします。
亜久津が起こしてしまったことを謝ろうとすると、みかんの中の悪霊が話しをし始めます。
阿久津は咄嗟にみかんから離れ、みかんから出ていくよう悪霊に言います。
悪霊はお守りを直してもみかんを手放す気はないといい、みかんには約束を守ってもらうといいます。
亜久津が悪霊の話しを聞いていると、悪霊はあの部屋の写真の女を俺は知ってるぞと言葉を残して、みかんから出ていくのでした。
出張でなかなか会えない亜久津のために
亜久津の家から帰ると柑太郎の姿がありませんでした。

ここからはオトナの時間です。 13巻のネタバレ

亜久津の部屋に遊びにきているみかん。
みかんは一緒のベッドで寝ることが恥ずかしくなり、なかなかベッドに入ることができません。
そんなみかんを見て、亜久津はみかんを誘い、そのままみかんをベッドへ連れ込み・・・。
シバコロ
みかんが部屋のドアを開けようとすると・・・
みかんが亜久津の部屋を訪れているところから始まります。
みかんが亜久津の着替えを探して一つの部屋のドアを開けようとすると、亜久津にここはダメと止められます。
みかんが咄嗟に謝って亜久津の顔を見上げると、阿久津はとても切なそうな表情をしているので、みかんはそこの部屋は奥さんとの部屋なんだと気が付きます。
すると亜久津がみかんを抱き上げてそのままベッドへと運んでいきます。
突然の出来事にみかんが動揺して思わず目を瞑ると、阿久津は背中からみかんを抱きしめてもう寝ようと大きな手でみかんの目を塞ぎます。
みかんは勝手に奥さんとの部屋を開けようとして、亜久津が嫌な気持ちになってしまったのではと不安に思い『ごめんなさい』と謝るのでした。
突然のランチのお誘い
会社でみかんが亜久津との事を思い出して大きなため息をついていると、亜久津が出社してきます。
みかんは体調を心配して亜久津を見ると、亜久津と目が合います。
どんな顔をして良いか分からないみかんは、咄嗟に亜久津から目を逸らしてしまいます。
お昼休憩に入ったみかんは職場の先輩の三宅からお昼ご飯に誘われます。
みかんは自分が勝手に部屋のドアを開けようとしたことを亜久津が怒っていると思い、怒っていないのかと亜久津に尋ねます。
亜久津は自分が悪いから怒るわけがないと言い、みかんの体調を気遣います。

ここからはオトナの時間です。 14巻のネタバレ

扉の奥に隠された亡き奥さんの部屋。
わざわざ体調の悪い自分の面倒を見てくれたみかんを、ぎゅっと抱きしめ2人仲良く眠った部長。
みかんパワーは侮れません、
部長に話しかけるタイミングが掴めずちょっと寂しいみかん。
その時のみかんは、意外にも気が合った先輩女子社員と恋ばななどをトーク中。
隣にいた男性2人が会話で盛り上がり、誤ってみかんの手に熱いめんつゆを溢してしまいます。
先輩女子社員に言われたタイミングで部長が登場。
こんなちょっとラッキーイベントがあったものの、部長が奥さんとの過去を引きずっているのは変わりません。
更に霊が何故奥さんを知っていたかも謎のまま···。
煮え切らない思いを抱えたまま遂に迎えた田舎への出発日!
みかんの実家は遠いようで、移動手段には飛行機も含まれていました。
気軽に帰れる距離ではないからこそ、家族はみかんに会えるのを楽しみにしている様子。
部長は最初俺も行っていいのかと遠慮してましたが、みかんが男性を連れて来るというので家族は大歓迎だそう。
場面は空港に到着した2人を、兄妹達が車で迎えに来るところに切り替わります。
みんなワイワイ賑やかな家族に囲まれみかんも嬉しそうです。
部長はその様子を微笑ましい目で見ていました。

ここからはオトナの時間です。 15巻のネタバレ

◆霊媒師の元へ
みかんが目を覚ますと目の前には阿久津の姿が。
みかんと自身の名前を呼ぶ阿久津に驚くみかんでしたが、昨夜お互い名前で呼ぼうと話していたことを思い出します。
阿久津を見つめ和音さんと呼ぼうとするみかん、しかしふたりがいる部屋を開ける者の姿が。
その姿は弟の柑太、「朝」「めし」という単語だけ話しふたりを見つめ大きな音を立ててドアを閉める柑太。
ふたりは顔を見合わせ、ご飯を食べにリビングへ向かうことに。
ご飯を食べながら話題はみかんたちが霊媒師のばあちゃんの所に行く話題に。
その後、みかんと阿久津は霊媒師のおばあちゃん家に。
預けていたお守りは完璧に治っており、無事にみかんの元に戻ってきました。
そしてみかんは阿久津に憑いている霊について相談をします。
何も視えないという霊媒師の言葉に困惑するみかん。
すると霊媒師は私には死んだ者の霊しか視えないと話し、みかんの側に霊がいるならばその霊は生きている生霊だと話すのです。
自分が何者かを思い出さないと元に戻すことはできないから探してやらないといけないと話す霊媒師。
霊媒師の言葉に驚くみかんと霊。
みかんは霊媒師の言葉を聞き元に戻してあげないとと決心をするのでした。
◆霊の正体
実家へと戻ったみかんたちは柑太たちに霊のことを話します。

ここからはオトナの時間です。 16巻のネタバレ

霊が生霊かもしれないと分かったみかんと和音は、帰宅しました。
さらに柑太郎から手書きの似顔が届くと、和音は思い当たる人が頭に浮かび・・・!?

彼の事、知っているかもしれない・・・
みかんは気になって身を乗り出して聞こうとしますが、その前にお風呂に入ろうか?
急にみかんの顔が真っ赤になります。
和音はそういう意味で言ったつもりはなかったのですが、勘違いされても仕方がない聞き方をしてしまったことに気づきます。
うん、そうしよ、一緒に入ろ?
みかんは真っ赤な顔でコクンと頷きました。
和音が先に湯船に浸かっていると、入ります・・・とみかんがひょこっと顔を出しました。
結局、背中を向けて湯船に入ると、もう目を開けて大丈夫ですとみかんが言いました。
目を開いた和音は、首まで真っ赤に染まったみかんの裸体が前にありました。
思わず背中にキスをします。
びっくりしたみかんは、部長!?
これくらい許してよと和音は言います。
いつも何かるとスッといなくなって、デリカシーはないけど、意外と空気を読んでいるのかもしれません。
すると和音は奥さんが事故で亡くなった日のことを話し出しました。



「転職してお金を稼ぎたい。でも転職には不安がある...」という人のために、知人と「エンジニア転職のリアル」というブログを立ち上げました。

エンジニア転職のリアル

読者の年収を上げることにコミットしたブログです。
お金を稼ぎたい方はぜひ読んでみてほしいです。