マンガ

『ここからはオトナの時間です。』を全巻無料で読む方法

漫画『ここからはオトナの時間です。』は世にも珍しいホラー漫画である。

ホラー漫画といえば、古くは幽遊白書からムヒョとロージーの魔法律相談事務所など、様々なものがある。

霊力を使ったり、幽霊を倒したり、卍解したりと色々だ。

『ここからはオトナの時間です。』は霊が視える女が主人公である。名前は「みかん」という。
これが「いちご」だったら卍解を使う黒崎一護かもしれないし、いちご100%でパンツを見せたかもしれない。

みかんは霊が視える特殊体質の持ち主で、巨乳で可愛い。

酔っ払ったみかんの下着姿を見てほしい。

EカップもしくはFカップくらいはあると予測できる。3年めの会社員なので25歳くらいだろうか。

良い年齢だ。女として最も色気がある時期でもある。

この子は、部長に恋をしているのだ。
部長がまた、めちゃくちゃにイケメンなのである。

主人公は女性向け恋愛マンガにありがちな、ドジで間抜けで可愛い女の子で、私もちょっと好きになってしまった。

このドジで間抜けな女の子が、イケメンで仕事ができる部長に抱かれるストーリである。

部長がイケメンすぎる

『ここからはオトナの時間です。』の部長はものすごくイケメンである。とんでもなくかっこいい。

イメージとしてはディーン・フジオカだろう。

だが悲しいかな。我々が生きる現実世界の部長にイケメンはいない。

福山雅治、ディーン・フジオカ、斎藤工のようなイケメンが部長だったら抱かれたくもなるだろうか、99%はバナナマンレベルの容姿で、話も面白くないし、口が臭い。

身体が絞られていることはなく、ブヨブヨのだらしない身体のおっさんばかりである。イケてる部長などこの世に存在しないのだ。

当然、シャワーで水を流せばハゲた頭皮が露出する。『ここからはオトナの時間です。』の部長のように水を弾くこともなく、風呂場に悪臭が漂うのが「部長」という生物のリアルだ。

もしかしたら作者の「つきのおまめ」さんの会社にはすごくイケメンの部長がいたのかもしれない。

ただそれはリクルートの子会社のようなベンチャーに限った話である。

だが現実にはこんなイケメンな会社員はほぼいない、という事実は理解しておいたほうがいいだろう。会社員に夢を見てはいけない。

少なくとも、日系大企業の部長の99%結婚していて、恋愛戦闘力を失っており、平和ボケして、会議ばかりで腹が出ている。

近くで見ると加齢臭が漂い、気分が悪くなるだろう。タバコを吸っている部長は口も臭い。

部長に”性”を期待してはならない。ボーナスを期待するものだ。

そもそも会社には部長と恋愛しにいくのではなく、仕事をしにいくべきだ。

『ここからはオトナの時間です。』を全巻無料で読む方法

『ここからはオトナの時間です。』はU-NEXTで無料で読める。

1巻だけ無料でも…と思う人もいるかもしれない。

安心してほしい。

U-NEXTには「特典」がある。

会員登録をすると、31日間の無料体験がついてくる。それと同時に、600円分のポイントがもらえる。

このポイントで漫画を買えるのだ。

『ここからはオトナの時間です。』であれば、4巻分、何のリスクもなく、無料のまま購入できてしまう。

購入した分はアカウントの「持ち物」となるため、無料体験中に課金せずにキャンセルしたとしても、ずっと読むことができる。

もちろん、アニメやドラマも観放題である。非常にお得なサービスなので、『ここからはオトナの時間です。』をきっかけにU-NEXTを使ってみてほしい。

定期利用すれば、毎月1200ポイント分がもらえる。そのポイントを使えば3ヶ月で『ここからはオトナの時間です。』を全巻読み切ることもできる。

毎月の楽しみが増えるに違いない。私は毎日U-NEXTを使ってる。最高のサービスだと断言できる。

イケメンで仕事ができるαに抱かれたい、という女性の願望を満たせ

作者の「つきのおまめ」さんは女性と思われる。

作風に女性の願望が色濃く反映されている。

『絶倫αに愛を乞え』という別の作品にもあるように、イケメンでSっ気のある勝ち組の男に尽くされたい、という願望である。

ほぼすべての女子が持つ願望だ。

「α(アルファ)」というのは、強い男や名声がある男、地位が高い男性を指す。

女はそういう男に抱かれたいものなのだ。絶倫αは世の女性の声を代弁したつきのおまめの叫びである。

主人公の女はだいたいが仕事ができないが、ちょっと抜けてて可愛らしい。
天然でいい子。恋愛経験は少ない。

そんな子が、学校や会社、世間で有名でモテまくっている男から突然言い寄られたり、結ばれたりするのが定番のパターンである。

男性向け恋愛マンガの主人公が学校のヒロインから謎に言い寄られるように、女性向け恋愛マンガも都合よくイケメンに言い寄られるようにできている。

何がいいたいかというと、男は強くあらねばならない、ということだ。

「αに抱かれたい」が女の本能であるならば、我々は常に強くなければならない。

女を抱くために、αにならねばならぬ。αになって、可愛い女の子をその気にさせるのだ。

逆に女はイケメンに都合よく恋されるとは限らないが、大胆に攻め、数撃ちゃ当たるの精神でTinderでたくさんのイケメンにアプローチすれば、一人くらいは引っ掛けることができるだろう。

その際に大事なことがある。

「ありのままの自分を見てほしい」などと思わないことだ。

美容整形を駆使して、豊胸しよう。ダイエットは当たり前にやる。毎日1日1食で生きる。顔にレーザーを当てて肌艶を良くして、化粧を極めろ。

何もせずに、「ありのままの自分」で愛されるなんて、馬鹿な夢は見るな。ありのままで愛されるのは高校生までだ。20歳過ぎたら努力しないと誰にも見向きもされない。

というのも、美人はみんな努力しているからだ。美しく見られるように努力している。

イケメンと縁のない場所で闘うならいいかもしれないが、イケメンを仕留めたいならチートを使え。美容整形するのが一番いい。全く恥ずかしいことではないし、整形を馬鹿にするやつはだいたいブスで暗い顔をしている。

そんなゴミクズのような暗い人間には構わず、綺麗で美しい自分になればいい。道は必ず開ける。女は黙って整形しよう。