未分類

生残賭博とは?読めばわかるネタバレとストーリー

『生残賭博』は革命的な漫画です。主人公の男が水の中に沈んでいき、死にかけているところからこの漫画は始まります。

「僕はこのまま何の後悔もなく 19年の人生を終えることができそうだ」

なんと…たった19歳で死んでしまいそうなのです。

主人公の名前は宮下賢司。どことなく宮沢賢治のような雰囲気があります。

賢司には忘れられない子がいました。

内海日奈子です。死の間際でもヒナを忘れない。まるで東京卍リベンジャーズです。

水の中に沈んでいくはずが、誰かに呼び戻されます。

「賢司!しっかりして!」

あれ…?この女は…?

木下朱莉は何者か?

場面が変わり、またセクシーな女が出てきました。木下朱莉です。28歳の先生だそうです。

こんな格好で高校を歩くのはまずいですね。

また場面は変わり、今度はボコボコにされる男の顔が。年下にボコられているのは賢司でしょうか。

そんなボコられている男を助ける超強い男が現れました。

「哲矢」というそうです。ボコられていた男の友人のようです。

哲矢に囚われた男と女

カツアゲを助けてもらったと思いきや、金づるにされていたようです。

「完全に閉じ込められた」といっています。どうしたらいいのでしょう。

脱出するしかなさそうです。男なら格闘技をやっておいた方がいいですよね。

その部屋に現れたのが、あのセクシーな先生です。

なぜ登場したでしょう。「客」と呼んでいます。

そう木下朱莉はマンションの王、哲矢にぐしゃぐしゃにやられるのです。決して無理矢理ではなく、無理矢理風に犯されて、喜んでいるのです。

そこに入ってきたのが日奈子でした。哲矢に面と向かって文句を言えるのはどうやら日奈子だけのようです。

なるほど。この哲矢は天上天下唯我独尊男ですが、日奈子のことは無下には扱わないようです。どういう関係なのでしょうか。

日奈子に文句を言われまくって出ていった哲矢。部屋に残ったのは賢司と日奈子だけでした。

部屋に残った陰キャと女王。

何事もなく終わるかと思いきや、なんと…寝てしまった賢司のあそこをいきなり舐める日奈子がいたのでした。

日奈子は暴君・哲矢の本カノです。部屋に残って口でしてたことがバレてしまうと殺されてしまいます。

ちょうど果てたところで最強の哲矢が帰ってきました。やばいです。

この哲矢という男、やっぱり怖いですね。やばい不良の匂いがします。やはり格闘技をやってボコボコにするしかありません。

仲間の不良を追い出し、日奈子をはっ倒して行為を始めます。クローゼットに賢司が隠れているとも知らずに。

https://renai-soudan.com/seizan-tobaku-netabare

スポート賭博の金づるになった賢司

7巻まで読んでやっとことの顛末がわかります。哲矢は実業家です。風俗でもなんでもやって、金を稼ぎたい。

賢司はスポーツ賭博の天才で、だいたい的中させることができます。

「王国を作る」といって、会社をやっていくようです。街で女をひっかけて従業員にして、金を稼ごうとしています。

さて、成功できるのでしょうか。

話はそれほど早くは進みませんが、なかなかストーリーが面白いです。これからどうなるのでしょうか。

「生残賭博」とは、生きるか死ぬかを賭けたスポーツ賭博のことだったんですね。稼がないと死んでしまう。賭博で勝たないと死んでしまう。

そう、賢司はカイジのような男だったのです。

生残賭博を無料で読む方法

『生残賭博』はめちゃくちゃ面白いです。一度読み始めると止まりません。

素晴らしいことに、この『生残賭博』はKindle で無料で読むことができます。エロくてストーリーも面白く、最高の漫画です。

ぜひ無料で読めるうちに楽しんでください。