Django

pipenvを使ってDjangoプロジェクトを作成する

この記事ではDjangoプロジェクトをスタートするまでの手順を紹介します。

作業内容は以下の通りです。

[list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]

  1. 仮想環境を作成する
  2. Djangoをインストールする
  3. Djangoプロジェクトを作成する
  4. サーバーを起動させてみる

[/list]

順番にやっていきましょう。

pipenvをインストールする

以下のコマンドでPipenvをインストールします。
PipenvはPython公式が正式に推薦する依存関係管理・パッケージングのためのツールです。

pip3 install pipenv

仮想環境を作成してDjangoをインストールする

Djangoのプロジェクト用ディレクトリを作ります。

% mkdir example; cd example

作成したプロジェクトディレクトリ上に仮想環境を作りましょう。

pipenvを使ってDjangoをインストールします。
以下のコマンドを実行してください。

pipenv install django==3.0.2

以下の2つのファイルができます。
[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • Pipfile
  • Pipfile.lock

[/list]

上記のファイルにはプロジェクトの依存関係が定義されています。

なお、Pipfile、Pipfile.lockは両方Gitなどでバージョン管理するのが望ましいとされています。

[sanko href=”https://pipenv-ja.readthedocs.io/ja/translate-ja/basics.html” title=”Pipenvの基本的な使い方” site=”Pipenv公式ドキュメント” target=”_blank”]

次に、以下のコマンドで仮想環境をアクティベートします。

pipenv shell

すると、

(project-UBAY-kjF) project %

のように、プロジェクト名がカッコで囲まれて表示されます。これで仮想環境のアクティベーションが完了しました。

Djangoプロジェクトを作成する

以下のコマンドでDjangoプロジェクトを作成します。

「first_example」がプロジェクト名です。

django-admin startproject first_example .

上記のコマンドを実行すると、以下のようなファイル&ディレクトリが作成されます。

% tree -A .
.
├── Pipfile
├── Pipfile.lock
├── first_example
│   ├── __init__.py
│   ├── asgi.py
│   ├── settings.py
│   ├── urls.py
│   └── wsgi.py
└── manage.py

Djangoのサーバーを起動する

Djangoのローカルサーバーを起動させましょう。
最初に作成したDjangoプロジェクトのディレクトリで以下のコマンドを実行してください。

python manage.py runserver

すると、以下のようなコメントが表示されます。

Django version 3.0.2, using settings 'first_example.settings'
Starting development server at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.

http://127.0.0.1:8000/を開くと、Djangoの最初の画面が表示されます。