マンガ

東京リベンジャーズの最新ネタバレ!ドラケンは本当に死んだのか?

東京リベンジャーズの最新のネタバレを紹介していきます。

2021年9月22日(水)発売の少年マガジン2021年43号が最新です。

223話はやばいですね。やっぱりドラケンは死亡してしまったようです。

第223話「Good old days」

(3 2 1)

息も絶え絶えになったドラケンは、最後に何かを思い出しています。

2005年1月1日。

初日の出暴走。

東京卍會のメンバーとの暴走です。

馬地がいて、千冬がいて、パーチンがいて、スマイリーとアングリーがいます。

皆で単車で走っています。

「どんどんデカくなってくなー東卍!」

「ああ!やっぱボスが最強だかんな」

「最近 マイキー君すごみ増したよね?」

「ああ。たしかにな」

「オレら東卍の看板… “無敵”のマイキーだぜ?」

「なんか少し遠く感じちゃって寂しいよね」

先頭でマイキーが走ってます。

東京卍會のメンバーが浜辺で騒いでます。

みんな楽しそうです。

寒すぎる初日の出前にみんなで走って身体を温めています。

地平線を眺めるマイキー。

「どうした?マイキー」

「日の出だ!」

「おー初日の出ーー!」

「ケンチン」

「掴めんぞ 天下!」

「ああ!今年は全国制覇だ」

そして現在のドラケンの描写に戻ります。

「はは…最後に思い出すのは

やっぱ東卍か…」

「今行くぜ…エマ」

最後のコマは笑顔のエマとドラケンが手をつないで天に昇っていく絵でした。

第222話「Give back」

(音がねぇ…手が思うように動かない…空がかすむ…)

と、空を見上げて唾を飲むドラケンです。3発の銃弾を打ち込まれ、もう立てなくなっています。

横で武道が必死でドラケンを呼びます。

「今 救急車呼びました」

「大丈夫ですよ 絶対助かります」

武道の手は震えています。

「そっか…オレは」

「死ぬんだな…」

ドラケンは死を覚悟します。

「何言ってんすか!? そんなワケないじゃないですか!?」

「明日になったらケロッとしてますよ そうでしょ!?だってドラケン君だもん」

ドラケンは笑います。

「タケミっち。 自分を責めるなよ?」

「オマエが過去に戻ってきたせいじゃねぇかんな オレはオレの意志でここまで来た」

「オマエにもらった命…オマエの為に死ぬんだ」

ドラケンは笑顔です。

「わかったな?」

ドラケンは過去を語ります。

小学生のときはさ、よくケンカして負けてた

年上ばっか相手にしてたからな

負けて地面這いつくばって こうやって空見てるとさ

なんか全部どうでもよくなって 気持ちが晴れた

マイキーは知らねぇんだ この空を

負けたことがねぇって…やっかいだよな

ドラケンの息が荒くなります。血を吐きます。

タケミっち

オレはな アイツが大好きだ。

アイツの全部背負い込んじまうとこも そんでもなんとかしちまうとこも全部…

アイツの背中を…見て…きた…

だから オレがどうにかしてやりたかった

なあ…?タケミっち…

一個だけ…ダセェこと…言っていいか?

「マイキーを頼む」

「…はい!」

武道がやることが固まりました。

マイキーをぶっ飛ばして、負けた空を見せる。マイキーを闇落ちから救う。

ドラケンの遺志を継いで。

次回に続きます。

第221話「Ups and downs of his fate」

「どうした?ボス」

東京の高級マンションから外を眺めるマイキーです。

「ひでぇ雨だな。 嫌な予感がする」

場面は変わり、遊園地です。

人々は銃声を聞いて叫び声を上げています。

第220号で駆けつけたドラケン。

銃を持ったチンピラを蹴散らしました。

「大丈夫か!?タケミっち」

「ありがとうございます。ドラケン君」

千咒!!大丈夫!?ケガない!?」

と聞くと、最強のはずの千咒は顔を赤らめながら

「う…うん」

と言います。

「でも…なんでドラケン君がここに?」

「今日 タケミっちを狙ってる奴がいるっイヌピーから聞きつけてね」

「で オマエんち行ったらここにいるって聞いてよ」

「アイツら…やっぱりオレを狙ってたのか」

と言う武道。

このあたりからコマ使いがなんか怪しくなってきます。ドラケンがだんだん大コマになってくるのです。

「”六波羅単代”の下っ端だ」

「オマエってよー肩書だけ見ると超大物だから

きっとブラフマン加入に相当びびったんだろうな」

「だからって銃なんか使って…」

「三天戦争はもうガキの喧嘩じゃ済まないのかもしれない」

「金や利権が絡んで みんな目の色が変わってやがる」

「この先 どうなっちゃうんすかね」

「マイキーはこうなることを見越してたのかもしれないな…」

「ドラケン君」

武道は小さな声で言います。

「ここだけの話…オレ…少し先の未来が見えるようになったみたいです」

「見えた未来ではここでオレをかばって 千咒が死ぬはずでした」

「その最悪の未来は防げた」

「ドラケンくんのおかげです」

「これで一つ未来が変わりました!」

ドラケンは笑います。

「そうか…よかった」

「武道…」

「マイキーに言っといてくれ」

「あんまり…世話…焼かせんな…ってよ」

「何言ってんすか!?自分で…」

ドラケンが倒れます。

「オレは ここまでだ」

なんと、ドラケンは武道をかばったときに銃で撃たれていたのです。

千咒が死ぬ未来を変えて、ドラケンが死んでしまったのでした。

第220話「Bull’s-eye」(少年マガジン2021年40号)

「あーあ、雨やまねぇなぁ」

「ん?どうした花垣 全然食べてねぇじゃん」

「…あ…うん」

「ちょっとトイレいってくる!」

と席を立つ瓦城千咒(せんじゅ)

武道は不安げです。

(どうする…?あれがホントに未来視なら 今日ここで千咒が死ぬ…)

(遊園地で…?誰かに襲われるとか…? たしか 頭から血を流して──)

「あ!まずい考えこんじまった!」

千咒は…トイレ? しまった! 目え離すべきじゃなかった 千咒!」

と武道も席を立ちます。

(でも…どうする!? 千咒はどうやって襲われるんだ!?)

「あった!」

とトイレを見つけます。

そこで見つけたのは短冊です。

「花垣を守る」と書いてあります。

回想で「約束守ったぞ」と言う千咒。

「待てよ」

(狙われてんのは オレ!?)

と気付いたときには囲まれています。

「オイ ホントにコイツか? 全然弱そうじゃん」

「あぁ間違いねぇ さっき瓦城千咒といたのを見た」

とモブっぽい奴らが話しています。

「誰だ? オマエら!?」

「ホントにやんのか?」

「ああー…オレらみてぇーな小物が上に上がるためにはこれぐらいしねえとな」

「でもよ」

「大丈夫だ」

「このために命がけで”コレ”を手に入れたんだ」

と言ってモブが出したのは、銃でした。

「サウスさんならわかってくれる」

(そうか 千咒は… オレを守るタメに死ぬんだ!!)

武道を助けるために走り出す千咒。

「千咒!!!」

「来ちゃダメだ!!!」

モブは「動くな花垣ぃ!!」と銃を構えます。

武道は千咒しか見ていません。

「来るな!!千咒」

「うおおお」

と千咒に向かってアタックする武道。

「えぇ!!?」

と逆に驚いているのは千咒です。顔が可愛い。

ドン!!

と撃っても武道にも千咒にも当たってません。

「花垣!!」

「大丈夫か!!千咒!!」

(! え?)

戸惑いを見せる千咒。

武道は言います。

「オマエは死んじゃダメだ」

ドクン…

千咒が恋に落ちた瞬間でした。

まだモブの弾は残っています。

「死ねええええ花垣いいい」

と銃を撃つモブ。

そこに現れたのは、頼れる男。ドラケンでした。

モブをぶっ飛ばして言います。

「大丈夫か?タケミっち」

「ド・・・ドラケン君!!」

涙目で武道はドラケンの姿を確認したのでした。

東京リベンジャーズを無料で読む方法

東京リベンジャーズは「U-NEXT」で無料で読むことができます。

1巻から無料で読めてしまうので、大変お得です。

またU-NEXTでは「東京リベンジャーズのアニメ」も無料で観ることができます。映画ともども大ヒット中です。

U-NEXT は無料で31日間体験できるので、もし気に入らなかったら無料で解約できます。違約金などは一切取られないので安心です。

東京リベンジャーズに興味がある…アニメも見てみたい…最初から通して読んでみたい…という人は、ぜひU-NEXTを使ってみてください。